膵癌診療ガイドライン2013の改訂を目指してのCQへの意見公募

 

日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン改訂委員会では、膵癌診療ガイドライン2013の2016年改訂を目指して、CQ(案)を作成しました。今回はいくつかの工夫をしました。

 

  1. 疾患概念の部門を追加しました。
  2. 膵癌に特化した緩和療法の問題に対して緩和療法部門を新設し、CQを作成しました。
  3. 治療法を RESECTABLE (R)、LOCALLY ADVANCED(LA)、METASTATIC(M)とわけ、判りやすくしました。
  4. CQ番号の振り方を工夫し、より判りやすくしました。
  5. CQとしては取り上げにくいですが、膵癌診療をめぐる重要な話題をコラムとして取り上げることにしました。

など。

 

2014年8月25日(月)までCQ(案)に対してパブリックコメントを求めることとしました。

下記までご意見をお寄せください。

 

日本膵臓学会 膵癌診療ガイドライン改訂委員会
委員長:山口幸二(yamaguch@med.uoeh-u.ac.jp

 

膵癌診療ガイドラインCQ

膵癌診療ガイドライン改訂委員会
委員長 山口 幸二

日本膵臓学会 本部事務局(指導医・会員情報管理担当)

〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル7F (株)毎日学術フォーラム
TEL:03-6267-4550 FAX:03-6267-4555 E-mail:maf-jps@mynavi.jp

学術事務局(転載許諾*など上記以外)

〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2 近畿大学医学部 外科学教室 肝胆膵部門内
TEL:072-366-0221(内線:3114) FAX:072-368-3382 E-mail:jps.kindai@med.kindai.ac.jp

*日本膵臓学会では学会誌「膵臓」の複写複製および転載複製に係る著作権を学術著作権協会に委託しています。当該利用をご希望の方は、学術著作権協会(https://www.jaacc.org/)が提供している複製利用許諾システムもしくは転載許諾システムを通じて申請下さい。
 尚、上記の「改変」に該当するもの、および上記以外の転載許諾の申請をされる場合には、当学会に直接お問い合わせ下さい。